むこうみず!

日常ネタ、創作ネタ、好きな事など、雑多に書いていきます。

【レビュー】男の海月がお送りする『Plastic Tree Tribute ~Transparent Branches~』についての感想。

このアルバムを手にして、通して聴いて、いつかどこかで、誰かにこのアルバムの話をしたいと思っていました。「プラのトリビュートアルバムが出た!」って。
トリビュートアルバムって、めちゃくちゃ好きなんです。自分の大好きなバンドを、同じように、或いはそれ以上に大好きな人達が、各々の選曲をもってカバーしてくれる。本当に素敵なことだと思います。
カバーしてくれる人達の中には、自分がずっと聞いてるバンドの人もいて、それがまさか一番推しPlastic Treeで出たってんだから、もうたまらないですよ。
そんなわけで、嬉しさの只中からお送りします今回の記事は、『Plastic Tree Tribute ~Transparent Branches~』収録の、各楽曲の感想になります。

1…水色ガールフレンド / PELICAN FANCLUB

っとっとっと。さっそく知らないバンドさんだ。
ペリカンさんの『水色ガールフレンド』。さららとそよ風が吹くような仕上がりになってますね。ボーカルさんもとてもさわやかな声質で、とても聴き心地がよかったです。一曲目としてのつかみはバッチリだと思います。
ペリカンさん、今度音源漁ってみようかなー。

2…プラットホーム / 氣志團

氣志團さんの代表曲といえば、やっぱり『One Night Carnival』が頭に浮かびますね。
そんな彼らだから、プラの曲だと『ナショナルキッド』とか『怪物くん』とか、ちょっとやんちゃな曲を選びそうなイメージだったので、これはなかなか意外な選曲。
翔やんが裏声使ってるのって珍しいんじゃないかな。原曲になぞらって、しっかりメロディアスに歌ってくれました。ハスキーな声の『プラットホーム』も素敵ですね。

3…メランコリック / 清春

清春さんの歌声はやっぱりナイフみたいに鋭くて、そんな声で『メランコリック』歌われたら俺ざくざくなるよー。(黄色い悲鳴)
『メランコリック』。プラの中では一、二を争うぐらい人気な曲で、聴く人の評価も厳しいところだと思いますが、これについては安心と納得のクオリティでした。天晴れ。
ちなみに黒夢の楽曲の中では『for Dear』が一番好きです。

4…エンジェルダスト / People In The Box

ピープルはバンド名は知ってるなあ。楽曲知らなくて申し訳ない…。
1曲目から3曲目まで原曲になぞらったカバーが続いた中で、彼らの『エンジェルダスト』は、ざくざく切るような感じの原曲とはまた一味も二味も違う、まったりまったり進行なメロディーラインになっていました。
夜、寝しなにゆったり聞くにはちょうどいいかもですね。

5…サイレントノイズ / 相川七瀬

相川ねえさん。『夢見る少女じゃいられない』はカラオケで時たま歌います。
そんな相川ねえさんですが、『サイレントノイズ』とはまた少し新しいところからのチョイスですね。
元がゲームのタイアップ曲なので、よりゲーソン感が増した印象。個人的には相川さんらしさが出てていいと思います。ねえさんはロックナンバーが似合いますよね。

6…みらいいろ / 緒方恵美

緒方恵美さん。ご存知、新世紀エヴァンゲリオン碇シンジくんの声優さんです。
実は初代遊戯王武藤遊戯も演じられているということで、『みらいいろ』では遊戯王繋がりなカバーですね。
原曲より少しロックな感じが強くなっていて、緒方さんの切れ味のあるヴォーカルが素敵でした。

7…梟 / a crowd of rebellion

知らないバンドだ…。
個人的に、本アルバムで一番賛否が分かれるのではないかと思われるナンバー。
激しい演奏に、ハイトーンボイスとスクリームなツインヴォーカルでアレンジされた『梟』。
こんなになっちゃうのか!と驚くも、原曲らしさは割と残ってるようにも思えます。

8…空白の日 / GOOD ON THE REEL

この方々も初めて聞くバンドさんですね…。
原曲になぞって、メロディー進行はまったりとしていますね。素直なカバーという印象を受けます。
ヴォーカルさん、少年のような声ですね。

9…3月5日。 / MUCC

ここでムック。THE YELLOW MONKEYの『追憶のマーメイド』といい、cali≠gariの『せんちめんたる』といい、とにかくカバーが上手い印象があります。
実はこの『3月5日。』という曲の音源を持っていないので、原曲との比較ができないのですが、カバー曲を自分達の色に塗ってる感じはどことなく伝わってくるなぁと。ムック強いわぁ。
前向きな活休ということで、少しお休みをする彼らですが、彼らもまたトリビュートアルバムを出すようで、しかもプラが『流星』をカバーするとか!するとか!(机を叩く音)
いやあ、期待に胸がふくらみます。

10…ツメタイヒカリ / LM.C

ここら辺すっかりヴィジュアル系ゾーンだなぁ…w
ぱっと聴き、原曲よりキャッチーですね。ちょっと明るい『ツメタイヒカリ』って感じです。
LM.Cさんはポップな楽曲が多い印象なので、彼ららしいカバーとなったのではないのでしょうか。

11…Sink / R指定

ヴィジュアル系ゾーンラストはR指定さんの『Sink』。個人的に『Sink』めっちゃ好きなんですよ。プラにハマってから「これどこかで聴いた事あるなあ」と思っていて、しばらくして、アニメの金田一少年の事件簿の楽曲に使われてたことを思い出した学生時代…w
マモさんのヴォーカルで歌われる『Sink』。きれいにカバーしてくれたなあと思います。原曲はたゆたうようなメロディーですが、彼らのカバーは、ちょっと現世寄りですね。

12…アンドロメタモルフォーゼ / THE NOVEMBERS

竜太朗さんのソロ活動にノベンバのメンバーさんが関わっていて、ノベンバさんが結構シューゲイザー感のあるバンドなので、彼らがもしプラの曲をカバーするなら、『Thirteenth Friday』か『アンドロメタモルフォーゼ』あたりを聴いてみたいなぁ。と思っていたらこれですよ。マジか。
そんな彼らの『アンドロメタモルフォーゼ』は、原曲よりも静かで、でも壮大で、とても聴き心地が良かったです。お耳が幸せとはこの事をいうのですね。

13…ゼロ / Plastic Tree

トリはプラ自身のセルフカバー『ゼロ』。
色々なところへ行ったりきたり。そんな色とりどりの楽曲たちを聴き終えて、最後にこの曲を聴いて「あぁ、プラだなぁ。帰ってきたなあ」と、思わせてくれる。そんな一曲です。

***

この音楽知識のなさよ…。

もうちょっと楽器とか詳しければもっといろいろ書けたんだろうなあ、と思いつつ、レビューを終わろうと思います。

プラのライブは一回目の男子限定の『Boys Don't cry』に行ったっきりなので、また機会を見つけて参戦したいですね。生の音を聴きたいなー。

***

それではそれでは、今回はこれにて。

向水そらでした。